なぜ、子育てには「自己肯定感」をもたせることが必要なの?

自己肯定感とは自分の存在や評価を肯定的に認める感情で、「私は自分が好きです」「自分は生まれてきてよかった」といったものです。

子供の自信や、やる気を育むためには自己肯定感が欠かない

子供の自信、やる気、確かな自我を育むためには自己肯定感が欠かせません。

自己肯定感のないまま育ってしまうと、「どうせ~だから」「私なんて~だからできない」という思考になり、せっかくの機会があっても、リスクを取らず失敗だけを恐れる選択をしてしまいます。

その結果、忍耐力や共感力も下がり、充実感や満足感の得られない人生になりかねません。