出かける時の授乳の仕方と搾乳方法の3つのポイント

3、搾乳したものを保存する場合

搾乳したものを保存することも可能です。

この場合は保存パックを持参して、その中に搾乳したものを入れるのですが、雑菌が入らないように、パックを開く時は親指と人指し指以外で触るようにして、搾乳する指を使用しないように注意して下さい。搾乳がおわったらすぐにパックを閉めて下さい。

母乳の保存期間ですがメデラ社の母乳に関するガイドラインでは常温(20度)で数時間可能ですが、速やかに冷蔵保存を推奨する事でした。

色々と説がありますが、3,4時間くらいでした安全に保存可能のようです。(季節や、建物等の環境によって違いあります。)

少しでも気がねなく授乳できるように心がけよう!

出かける時に、授乳する時は母乳の方でもミルクの方でも本当に苦労します。母乳の方は人人目が気になりますし、ミルクの方は荷物が多くなって、出かける時に準備が大変です。(小な真帆瓶にお湯を持参が多いので)粉ミルク(ステック状を数本)、哺乳瓶などは最低必要です。
 
どちらにしても赤ちゃんを授乳する時には少し荷物広めの場所で赤ちゃんをだっこして授乳するのが理想的ですので、移動中の場合は待合室や、事前にお出かけ先にお知らしたりして、少しでも気がねなく授乳できるように心がけて下さい。

photo by bradleyolin

モーハウス
http://item.rakuten.co.jp/mo-house/r0712/?scid=af_pc_link_img&sc2id=317819679
母乳に関するガイドライン
http://www.10et.com/ws/ws-644j.html