見逃せない!「七五三」の写真・お宮参りポイント

5187264078_3bc9a371d2_o
photo by PYONKO OMEYAMA

七五三は主に11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。

最近では、11月15日にこだわってお宮参りやお祝いをしているという人は減っているのではないでしょうか。

なぜなら、とにかく込み合い子どもは待ってられずに機嫌が悪くなるし、あまりいいことはないからです。

なぜ11月15日に七五三が行われるようになったのか?

007024
これには諸説あるようです。

  • 二十八宿という暦で11月の「鬼宿日(きしゅくにち)」と言われる吉日に当たるので、鬼に邪魔されずにお参りができるから。
  • 旧暦(太陰太陽暦)では15日は毎月ほぼ満月になり大切な年齢儀礼を行う習慣があったから。
  • などなど。

    要するに11月15日が秋の収穫を祝う「霜月祭」の日であもあり縁起がいいからです。

    そのため、徳川将軍家の「袴着の儀」がおこなわれた日が踏襲され、子供の成長を祝い、氏神様・産土神様に報告をおこなう日になったようです。

    ピークをあえて外そう!10月上旬から11月後半が狙いめ

    近年では共働きの世帯も増えて、10月中旬から11月前半の吉日や土日祝日などを利用してお祝い・お参りを行う家庭も多いのではないでしょうか。