【保育園】本命の第一志望しか書かないほうが有利ですか?

3545402898_1b57d6cc13_o

少子化が危惧される日本ですが、未だ出産した家族や女性に対する環境が整ってきているとはいいがたい現状です。

早く仕事復帰をしたいのに、認可・認可外を問わず保育園は常に満員。

多くの待機児童がいて、なかなか働きたくてもお子さんを気軽に預けられる状況にはなっていません。

働く女性にとっては、気に入った保育園がみつかりそこに入所できるかどうかはとても重要な課題です。

でも、現実はそんな状態なので近くに希望に合う保育園を見つけても、様々な理由で拒否されるケースも多いようです。

そうならないよう、できることはしておきたい。

よく言われるのが、本命の第一志望しか書かないほうが有利か?という点です。

この点について考えていきましょう。
 

入園の決定はどこでしている?

まず知っておきたいのが入園の決定をする部門です。

保育園に入園できるかどうかの判断は、認可の場合は個々の保育園ではなく市町村の児童福祉課が一括して行っています。

そこで、提出された書類を見て判断し、優先順位の高いお子さんから保育園への入所が決定します。