2歳・3歳児の習い事なら「児童舞踊」がオススメなわけ

その創作には、教育専門家や芸術家、ダンス指導者など様々なジャンルの専門家が関わっています。

「リズム感」「協調性」「認識力」にきく!

ダンスをするということは、音楽によるリズムやメロディーを聴き分ける他、体を動かすことによって、左右・上下・奥行などの3次元空間における脳内の認識力を高めることができます。

また、いっしょに踊る仲間との協調性も育てることができ、発表会などのステージで踊ることで表現する喜びを感じることもできます。

児童舞踊「創作ダンス」を習い事にする前に

創作ダンスといっても、ヒップホップやバレエなど、いろいろな舞踊があります。

いきなり教室に通うのではなく、まずはお子さんと2人で、音楽に合わせて身体を自由に動かすことから始めてみましょう!