子どもに多い下痢。軽い下痢と重い下痢の見分け方。

下痢を起こすウイルスのなかで、最も多いのはロタウイルスです。

特に冬の下痢の代表です。細菌では、サルモネラ、シゲラ、病原性大腸菌でしょうか。

その他には、食物に対するアレルギーによる下痢、よく熟していない果物を食べた時に起こる、食物に対する不注意による下痢があります。

さらに、中耳炎、麻疹(はしか)、突発性発心、腎盂腎炎のような病気の時にも下痢が起きますが、これは、病気によって抵抗力が落ちていることが原因と考えられています。
オムツを履いた赤ちゃん

軽い下痢とは

熱がなく、食欲に変わりなく、吐くことがなく、体重減少のない下痢は軽い下痢です。

こういう下痢は、一日に数回で、数日でおさまるのが普通です。

とにかく、元気で機嫌が良くて、うんこさえみなければどこが悪いのかわからない場合は、問題がないことがほとんどです。
風船で遊ぶ赤ちゃん

重い下痢とは

どんどんひどくなる下痢で、体重減少、便に血が混じる、だるそうな感じが強くなる、息づかいが荒い、尿の回数がいちじるしく減った下痢は医者の診察が必要です。

脱水は、乳幼児の場合たやすくおちいり、わずか一晩の間に起こって命を失うこともあります。

激しい下痢と嘔吐があり、急速に脱水におちいる、消化不良性中毒症と、ロタウイルス等によって起こり、発病初期に数回激しく吐き、それに続いて激しい下痢が起こる。