【生後5ヶ月〜生後6ヶ月の発育・発達】体・心・運動のチェックポイント

6ヶ月の赤ちゃん
身長や体重の伸びが落ち着く時期。「あまり大きくなっていない」と心配する必要はありません。成長の安定期ですから、元気であれば問題なし。また、事故に繋がる行動が増えてくるので注意を要します。

アクティブな毎日へ

仰向けにして寝かされるだけでは物足りないと言わんばかりに、手足の動きが大きくなってきます。まだ寝返りをする段階ではありませんが、なんとなくその気配を感じることも。そんな時には、手を添えて寝返りをする時のようにゴロンと転がしてあげると喜びます。

ただし、首がしっかりしてきたとはいえ、頭が重いので無理はしないこと。手を添えるときには首や頭、またゴロンとした反動で頭をゴツンとぶつけないように気を配りましょう。

喜怒哀楽がはっきりと

ママの顔を見て喜ぶ。コショコショとくすぐると身をよじって笑う。おもちゃに手が届かないと怒る。抱っこしてもらえないと悲しくなって泣く。