【生後5ヶ月〜生後6ヶ月の発育・発達】体・心・運動のチェックポイント

この時期の赤ちゃんは、本当に大忙しです。でも、振り回されることなく見守ってあげましょう。手が届かないおもちゃを「どうぞ」と手渡して「よかったね~」と一緒に笑ったり、手が空いたところで抱き上げてギュッとしたりすれば大丈夫。

ママが赤ちゃんを泣かせない、怒らせないと気を使いすぎて先回りし過ぎる方が問題です。泣くのも怒るのも大切なアクションであり経験です。機会を奪い過ぎてしまうのはよくありません。

事故防止対策は万全に

寝返りをしないまでも、寝たままズリズリと移動をします。時には「こんなに!」と驚いてしまうほど。この時期はベッドやソファから落ちてヒヤリすることが増えるタイミングでもあるので、注意しましょう。

トイレに行ったり、ミルクを準備したりする僅かな間でも、「ママがあっちへ行った」と認識して動いてしまうのです。目を離さないのが一番ですが、どうしてもという時があるはず。囲いのあるベビーベッドや敷物を敷いた床の上なども安全です。