秋の「スズメバチ」は駆除したい!被害から子どもを守る方法

6329933346_a6cc4d94d2_b
photo by Karah Levely-Rinaldi

9月から10月にかけてスズメバチの巣が最も大きくなり、個体数も多い時期。この時期は、繁殖のシーズンで次の女王バチを産む作業に入っているため、スズメバチは外部からの刺激に非常に敏感になっています。

スズメバチに刺されると激痛とともに多くの場合は発赤や熱感、腫れなどの症状が出ますが、数日後にはなくなります。

ただし、全身に発熱、嘔吐、呼吸困難、肝機能障害が出る人もいます。特に、以前に刺された経験のある方は、身体が過剰に反応して、血圧が下がって生命にかかわるアナフィラキシー(即時性の非常に強いアレルギーショック症状)を起こすことがあります。

刺されたときは、患部を冷やして、迅速に医療機関を受診する。

2123329176_55469e6337_o
photo by Jack Wolf

ハチに刺されたときは、応急処置をして医療機関を受診しましょう。