「家事ハラ」という言葉が提唱する日本の問題

旭化成ホームズとしては「夫の家事参加をしやすくするために褒めること」の重要性を説いた広告としていました。

しかし、そもそも女性が家事労働を強制され、そこに代価も支払われていないという現状が多い現代の日本社会において、「褒められなければやらない、けなされればやりたくない」といった態度の男性像を描くことは、かえって本来の意味での「家事ハラ」の姿を浮かび上がらせることになり、批判が殺到したのです。

本来の意味とは違う言葉で使われたことによって逆に注目を集めたというのは皮肉な話です。

本当の意味での女性の社会進出はまだまだ先のこと

410874840_c4b0a0c019_o
安倍政権においては「女性が活躍する社会」として、女性の社会進出を後押しする政策が推し進められています。

しかし、多くは女性が担っている家事労働を無視した政策が多く、このタイミングでの「家事ハラ」という言葉の誕生が意味するところは何でしょうか。

その意味を無視していては、本当の意味での女性の社会進出はまだまだ先のことだと言えるのでないでしょうか。

photo by fotologic
photo by Graniers
photo by Matt MacGillivray
photo by Neal Sanche