【お手伝い】初めてのお手伝いや、お手伝いが苦手なお子さんに

お手伝い
お手伝いには、子どもの成長を促す大切な学びがあります。

お手伝いは、自発的な行為で楽しく行うもので、お仕事という言葉のような使命感のような印象や、窮屈な感じもなく、やらなければならないという縛りはありません。

ここでは、初めてのお手伝いや、お手伝いが苦手なお子さんにも参考にして欲しい”ゆるいお手伝い”のポイントをご紹介します。
芋をほる子供

ゆるいお手伝いは「感謝を伝える」「義務感ではない」「見返りを求めない」が大切

当たり前ではないから、感謝の気持ちを伝える

困っているときに、「お手伝いしましょうか」と声をかけられると嬉しいですよね。ですが、相手が「当たり前でしょ!」なんて言ったら、優しい気持ちがどこかに飛んで行ってしまいます。

してもらって当然はお手伝いではありません。

義務感ではしない

やりたくないことはしなくてよい。

嫌々しないことがゆるいお手伝いです。

自分の気持ちにも時間にも余裕があるときにすることがベストです。

見返りは求めない

報酬などを求めることはしない。あくまでも、やりたいからやったというスタンスが大切。