「こどもの救急」急な発熱、腹痛、嘔吐、怪我で「困ったな」ときの安心サービス

7321180920_50fc2c54b8_k

子どもは大人の仕事や予定にかかわりなく、また昼夜を問わず突然に、病気やケガをしたりするものです。

普段と違うことに気づくためにも、「食欲」「顔色」「機嫌・泣き方」「睡眠」「うんち・おしっこ」「体温」「発疹など目に見える症状」などを観察すると、いざというときのカンが働きます。

家に一冊、「子どもの病気百科」のような家庭用医学の本を備えてると安心です。

しかし、子どもが夜中に急な発熱、嘔吐・腹痛・下痢になった場合や、遊んでいて手を切ってしまった時など、気が動転してしまうものです。

そんな時、119番を要請するか判断の目安を教えてくれるサービスがありました。