3〜4歳ぐらいまでの子育ての “ホント”。男の子の子育てならでは「三大あるある」に困惑!?

shutterstock_317793371

私が経験した、3〜4歳ぐらいまでの子育てのホント。今思い返せばこだわりの強い時期だったからこその体験です。

とにかく壊す!

この時期を私は「破壊系いたずら時期」と名付けています。

物入れの扉を開けると、 忍者屋敷ばりにブスブスと編み棒が何十本もささっていたり、 たまに静かだな…と思うと だいたいロクなことはない。

とにかく、モノが壊れます。 鍵盤キーボードを棒で叩いて破壊。 ビデオデッキのテープ挿入部に 日替わりでいろんなものをイン、そして破壊。 スイッチ的なものは、逆方向にだいたい破壊。 高いところに置いていても効果はなし!

がらくたを集める

ぴかぴかに握られた泥団子が並ぶ靴箱。

長靴の中には、干からびた大量のダンゴムシ。 捨てようものなら、激怒大泣き。 泥団子は動かすことすら許されず、玄関には、わたしの触われない聖域がありました。

破壊だけでなく、 彼の「こだわり」や「思い」にそぐわない事柄が起こると、 泣き叫び、次に進めない。 本当に困った時期でした。