子どもが「話を聞かない」ことありませんか?解決するヒントがあります。

話を聞いている姿勢にアクセントをつける


聞き上手な人は、相づちをよくするします。

相づちは話相手にとって好印象を与えます。

子どもにも同じです。

「なるほど」「そうなのー」「へー」「ふーん」といった言葉の相づちを使いましょう。

また、子どもの話が終わるまで遮ることなく聞いてあげることも大切です。

こどもの気持ちに寄り添う言葉かけをする


子どもは相手から否定的な事を言われ時、瞬発的に反応し相手の意見を受け入れなくなります。

以前、このブログでも肯定文で子どもを育てることについて書きました。
(詳しくはこちら→子どもを肯定文で育てるとは、どういう意味ですか?

これと同じ考え方です。

子どもがおもちゃを壊してしまったら、「乱暴に扱うからでしょ!」と言ってしまいたくなるところを、寄り添った表現にして「大好きなおもちゃが壊れるたんだ。悲しいね。」といったように表現を子どもに寄り添うかたちに変えてみましょう。

ユーティライゼーションテクニックを用いる


『ユーティライゼーション』とは、”利用”という意味です。