子どもが食事をするのが遅い。原因と対策

食事以外で工夫できること


食事が進まないことの原因のひとつには、「お腹が空いていない」があると思います。「おやつは多すぎていない?」「体を動かしている?」 にも注目してみましょう。

具体的に「食事」を教えてあげよう

子どもにとっての優先順位はそれぞれ。食事に関心がない子どもであればなおさら集中できないと思います。そんな時には具体的に「あと半分食べよう」「これだけ食べたら終わり」と教えてあげることが大切だと思います。