野外イベントを満喫するために注意すべき3つのポイント

子どもイベント
夏の足音が近づけば本格的なシーズンを迎える野外イベント。その会場にいる人達との連帯感、そして高揚感を味わえるのが魅力です。

その野外イベントでは、トラブルが付き物なのはご存知でしたか?

誰もが注意すべき野外イベントでのチェックポイントを確認してから、出かけましょう。
野外イベント

スリ・置き引きなど隙を狙った犯行に気を抜かない

近年は、わざわざ入場料を支払って会場へ足を運ぶ悪い輩もいます。限定グッズなどを購入する為に多額の現金を持っている人をターゲットに、スリや置き引きの被害が後を絶ちません。要領よく稼ぐにはうってつけなスポットであると目をつけられているのです。

まず、狙われやすいのは目の届かない後ろ側に背負うリュックサックタイプのバッグ。

人が多いところでは、バッグに誰かがぶつかってしまう事も度々。人が接近していることに慣れた隙を狙った犯行です。

この場合、貴重品を背中に背負っている限り、未然に防ぐことは無理です。貴重品は必ず身体の前に見につけるのが最善といえるでしょう。

また、キャッシュカードやクレジットカードなどの不要な貴重品は持参しないのも手。狙われない事前対策が功を奏します。
野外イベント

熱中症で具合が悪くなりイベントを楽しめないなんて本末転倒

夏は、日陰のない会場で注意すべきは熱中症です。

連日、テレビや新聞などでも注意を呼びかけているので普段の生活では意識して熱中症対策に励んでいるかもしれませんね。

でも、野外イベントの場合にはトイレに行くのが面倒と、あまり水分を取りたくない、反対に控えてしまう人も少なくありません。