台風から子どもを守るために知っておきたい10個の必須ポイント

9618494413_3936d8da69_o (1)

台風や大雨が近づいてきたら、早めの安全対策と事前の備えが重要になります。

今回は子どもを台風から守るためのポイントをまとめていきます。

子どもを台風の被害を守る事前対策10のポイント

①インターネット・ラジオ・テレビなどの気象情報を頻繁にチェックする。

台風の進路についてはテレビやインターネット、ラジオなどで最新の気象状況を定期的にチェックしましょう。

また、スマホなどは自然災害にはとても脆弱な部分を持っています。そのため手動発電ラジオ用意しておきましょう。

気象庁ホームページ http://www.jma.go.jp/ 
国土交通省防災情報提供センター http://www.mlit.go.jp/saigai/bosaijoho/i-index.html

②避難場所の確認を家族全員で行う。

学校や公民館など、避難場所として指定されている場所への避難経路を家族全員で確認しておきましょう。

③地域のハザードマップを活用しマンホールや側溝など危険な場所を確認する。

マンホールや側溝付近は大変危険!豪雨や台風の際、蓋が外れたマンホールや冠水して落ちてしまうケースがあります。

家のそばや通学路にあるマンホールや側溝、水はけが悪い場所などを確認しておきましょう。

地域のハザードマップには、洪水が発生した際に冠水の危険がある場所が示してあるので併せて確認しましょう。