台風から子どもを守るために知っておきたい10個の必須ポイント

⑩非常持出品を準備する。

スクリーンショット 2014-08-08 21.34.48

家を台風の被害を減らすための事前対策

家を水から守る

台風や集中豪雨による被害を防止するためには、排水口、雨どい、側溝、雨水ます等の詰まりの点検や清掃を適切に行うことが重要です。

家の周りを点検する

台風が近づいてきてからの家周りの確認は危険を伴います。

強い風で飛ばされたり倒れる、物干し竿や物干し台、自転車、植木鉢、ゴミ箱などを室内にしまったり、固定しておきましょう。

屋根や塀を点検する

暴風によって壁や塀、屋根などが飛ばされる被害も考えられます。

屋根材のはがれや窓など開口部の破損等の不具合が無いか点検や補強をしておきましょう。

最後に: 備えあれば憂いなし

今回は台風に対して、子どもを守るための日頃の備えや対策などのポイントの紹介しました。

「備えあれば憂いなし」

日頃から用心を怠ることなく家族で災害等に備えておくことが大切だと思います。

photo by European Commission DG ECHO