LGBTを自分の子供に説くための手引き

自分と共に真摯に学んだママの姿勢を、子供が裏切ることはありません。少数派を見下す浅はかさは、このような問題について教えを乞う機会に恵まれなかったことにより、生まれるのです。

そして、いつか自分で学ぶだろうと思い込むのは大人のエゴというもの。家族から学ぶことに意義があるのです。

経験と共に自分の価値観を養う機会にする

shutterstock_125318162

子供は逸早く入手した情報を吹聴したがる傾向にあります。

これは知識欲から生じる行動であり、仕方のないことではあるのですが、往々にして事実を揶揄して伝えがちであることも親として忘れてはいけません。

子供は大人が思う以上に敏感な為、話し言葉の微妙なニュアンスを誇張して捉えてしまう可能性があるからです。

また、説明するときには自身の価値観を子供達に押し付けることのないように注意しましょう。そして、経験と共に自分の価値観を養う機会を子供から奪うことがないよう、気を付けなければなりません。

無垢な気持ちで接する柔軟性は子供の頃から培うもの

shutterstock_261380951

LGBTの人が抱える心の痛みは、決して特別なものではありません。