【初めてのフラダンス】知っておきたいフラダンスの種類「アウアナ」と「カヒコ」

本来の意味は違う? 時代とともに変わった「アウアナ」

現代フラと称される「アウアナ」ですが、その言葉の元々の意味は “さまよう” “ただよう”。

本来は「儀式や捧げ物を伴わない日常的なフラ」という意味で使われており、フラ・クァフと呼ばれる祭壇の前で行われる聖なるフラと対をなすフラを表す言葉として使われていたそうです。

対照的な位置づけとされる現代フラ「アウアナ」と古典フラ「カヒコ」ですが、これが一般に知られるようになったのは1970年代以降とごく最近のこと。

現代のフラの祭典、メリーモナークフェスティバルが「アウアナ部門」と「カヒコ部門」を設けた影響が大いとされているそうです。
参照元:ハワイとフラの歴史物語 矢口祐人/ イカロス出版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です