健康的&キレイ!日本食が世界で人気な理由

アメリカにおける日本食は寿司ジャパニーズエンターテイメントのようなイメージが高かったようです。

まるで、ジェットコースターに乗るように最初は恐いもの見たさ、食べたさで通っていた顧客が多かったのが実情です。

しかし、最初はそんな遊園地感覚だった寿司の評判も時代によって、高まって行きます。

食にこだわりを持つ人は低カロリーでヘルシー志向

242033753_1f20c3aed0_b
日本食が世界で本当の意味で認められたのは、1977年のことです。マクガバンレポートと言う発表がきっかけとなっています。

この内容は、食生活の改善指導レポートで、脂肪分の摂取を控える為には、日本食の低カロリーでヘルシー志向な食事が重要であるとされたのです。

欧米人のコレステロールの摂取は日本人よりも非常に高く、生活習慣病に関しては社会問題となっていたのです。

そういった健康への意識と食にこだわりから日本色が注目されていったのです。

さらに食にこだわりを持つ人は素材にもこだわりが強いことから、日本食の真骨頂ともいえる素材の旨みを活かす技とも親和性が強かったことが考えられます。