ナチュラルで上質な暮らし。自然素材の家っていいな

4055796136_ed8150911e_b

ハウスシックやアレルギー、なにかと私達の周りには多くの化学物質に溢れており心配になります。

時には化学物質過敏症で折角の新築の家に住めなくなってしまったり、原因不明の体調不良に悩まされる人もいます。

家の建材にホルムアルデヒドやトルエンなどの揮発性の化学物質使われており、それが空気中に放出されることから、健康トラブルが起こるとも言われています。

自然素材で建てられた家は安全で安心して暮らせるので、赤ちゃんやお子さんがアレルギーを持っていたりするお母さんにはとても気になりますよね。

自然素材とは?

14358047788_0b70f2e0af_k
家に使われる自然素材として、無垢や漆喰、珪藻土、時には和紙なども使われます。

無垢の木の家に住むというフレーズはとても有名ですが、木材には大まかに2つの種類があります。

それは無垢材と集積剤です。

無垢材は一本の木から作られている板や柱のことをいい、集積剤は薄い板を何枚か接着剤で貼り合わせたものをいい、強度が無垢材よりとても強くなっています。