【日本とアジア諸国の魚醤】しょっつる・いしる・いかなご・魚露・蝦醤・ナンプラー・ニョクマム・パティス

ベトナムのニョクマムと比較されることが間々ありますが、ナンプラーは強いて言えば塩味がしっかりと感じられ、魚の風味は抑え気味。

ただし、食べ比べてもその違いはほんの僅かでしかありません。

ベトナム ニョクマム

前述のナンプラーと比較すると色が濃く、魚介独特の香りも多少強いのが特徴。

米粉を用いた温かいヌードルスープ、フォーを食べる際にはお好みで加えます。

ベトナムの食堂ではテーブル上に必ずボトルがお目見えします。

フィリピン パティス

フィリピン人が秋田の「しょっつる」を食べると、「香りが薄い」と言うそうです。

しっかりとした香りは、鰯を原材料としているのが理由。加減を心得れば、使いやすく汁物の出汁としても使えます。

同じアジア圏でも魚醤も様々で個性的

同じアジア圏とはいえ、魚醤も様々で実に個性的。

躊躇せずに使ってみれば、淡泊な食材でもあっという間に異国の香りを漂わせてくれる調味料。その手軽さがウケています。