【世界の醤油: アジア編】生抽・老抽・カンジャン・シーユー・トヨー・ケチャップ

しかしながら、味はしっかりとした塩味が利いているので、使い過ぎに注意しなければなりません。この生抽は、アジア圏における醤油の元祖といわれています。実際に、日本の醤油醸造は中国から伝えられたのが始まりです。

また、「老抽」と呼ばれる甘味の強いタイプもあります。日本の九州地方の醤油は、この老抽の影響を強く受けたと考えられています。

韓国 カンジャン

香りや見た目は醤油によく似ているカンジャン。元々は甕を使い、豆麹を発酵させて醸造していました。後に日本の大量生産方法が採用され、季節に関係なく、大量のカンジャンを短期間で造ることが出来るようになりました。

韓国でも刺身を食べますが、その時に好まれているのがヤンジョカンジャン。自然発酵を行い丁寧に醸造されたもので、深い風味が味わえます。

それ以外に、100%大豆使用したクッカンジャン、一番大衆的なチンカンジャンなどがあり、少しずつ味わいが異なります。

インドネシア ケチャップ

インドネシアの最大の娯楽は、「甘いものを食べること」と言われるくらい、人々は甘いものが大好きです。だから、調味料も甘味が強いものが断然多いのです。

調味料を総称してケチャップと言いますが、日本でいうところの醤油である調味料は「ケチャップ・アシン(しょっぱいケチャップ)」とわざわざ呼ばれるほど。因みにトマトを原材料とする万国共通のケチャップは、「トマト・ケチャップ」と差別化されています。

タイ シーユー

タイの調味料といえばナンプラーが有名ですが、忘れてはならないのがシーユーです。大豆から造られており、ナンプラーが苦手な日本人にも安心な味です。