【世界の醤油: アジア編】生抽・老抽・カンジャン・シーユー・トヨー・ケチャップ

ただし、醸造の際に砂糖を加えている点がタイ風。タイ食材のお店を訪れれば、日本でも入手できるようになりました。ライスヌードルを用いたフライドヌードルやフライドライスの調理に欠かせません。

フィリピン トヨー

フィリピン料理は真に多彩ですが、味付けはとても淡泊です。それを自分の好みの調味料で調整するのがフィリピン風。その時に活躍するのがトヨーです。

大豆と塩のみを原材料とし、非常に濃厚な大豆の旨味が特長といえるでしょう。

日本人にとっては、一番馴染みやすいアジアの醤油かもしれません。国が変われば、風味も変わる醤油。色々と味探訪するのも外国旅行の楽しみです。

でも、無事に自宅に帰りつき口にする正真正銘の日本の醤油の味には、心の底から安堵することでしょう。これぞ、日本の誇りです。