デイリーメンテじゃ間に合わない服は自分向き!?シンプルライフ・シンプルシンキング

3711466241_5a7299b97d_b
年が改まり、心新たに今年一年のあり方を定めるには絶好のチャンス!そして、「シンプルに丁寧な生活を目指す!」と目標を掲げるのは、もはや社会現象ともいうべき志向性を帯びています。

でも自分のシンプル基準が不明確なままだと、全てがなおざりに。ここでは洋服に因んだ基準を模索すべく、身近なところを見直してみましょう。

1:手洗いは面倒!?

近頃は洗濯機で“手洗い”モードをボタンひとつで選べ、おうち洗いもすっかり定着していますが、実際は本当に手間を掛けた手洗いには敵いません。

セーターなどは繊維が傷んだり痩せてしまったりと、失敗ではないものの「なんだか残念」な仕上がりになってしまうことも多いのです。こんな経験がある人は、そもそも手洗いを要する洋服を所持しないことについて考えてみましょう。

面倒だと考えることは決して悪ではありません。でも、その思考がメンテナンスを後回しにし、「そのうちにまとめてやろう」が汚れを沈着させ、「クリーニングに出せばいいや」が着たいときに着られない洋服に仕立ててしまうのです。

「自分はどの程度の事ならば難なく出来るのか?」新たに洋服を購入する時にはその辺りを考慮すると、アイテムが無駄にならずに済みそうですね。