メールやLINEでも表情は大事!?インターネットコミュニケーション

「表情」とインターネット上でのコミュニケーション

特にコミュニケーションを必要とするインターネットサービスにおいては、表情、特に微表情を読み取る、あるいは伝えることが必要となります。

これは、不安感や恐怖感を払拭するために大切な点です。

LineやFacebookなどではは「顔文字」「絵文字」「スタンプ」など表情を代用するものが豊富ですが、やはり人間の微表情まで伝えることは難しいことです。

人と人とのコミュニケーションにおいては、この微表情こそが大切。テキストだけでコニュニケーションが成立する一方でリアルな対面とは異なる誤解を招きやすいインターネットコニュニケーション。微表情の表現の仕方を工夫してみると良いかもしれません。