古き良きもの。新しいもの。価値のバランス感じてみませんか?

「古き良き」といって捉える時代がまったく異なっている場合もあります。

かといって新しいものが全ていいものというわけではなく、効率や生産性重視の現代には「古き良き」時代にはなかった弊害が生まれているともいえます。

違った角度からみることによって発見できるよさがある

15178681860_f182bbe196_k
人間は発達し、社会を発展させてきました。「古き良きもの」とは、あるものを違った角度からみることによって発見できるよさがあるものであり、人間のノスタルジーにうったえるものと言えるでしょう。

しかし、それが全てではなく、発展してきた歴史も否定すべきではありません。

「古き良きもの」とこれから新しくつくられるもの、どちらの価値も認め、ときには昔を振り返り、反省し、また未来へよりよいものを残していくという姿勢が大事なのではないでしょうか。

photo by 55Laney69
photo by markus spiske
photo by 55Laney69
photo by Takashi .M