私はマレーシア移住の難易度をこのように考えています

続いて台湾、マレーシア、タイ、インドネシアの順です。

フィリピンは移住ハードルの低くさが人気を集めたとみられています。

因みに世界トップ3は、1.アメリカ 2.ブラジル 3.オーストラリア。

また、リタイアメント制度は採用していませんが、アジア圏で日本人永住者数の一番多い国は韓国です。
マレーシアの男の子

依然注目度の高いマレーシア

マレーシアは移住条件を緩和した以降、日本人の移民が目立つようになったといいます。

その理由として、日本の教育費の高さに悲鳴をあげた子育て世代、親の介護費用の捻出に苦労している介護世代などが教育費や人件費の安さに惹かれて、移住に踏み切ったという背景があります。

また、一国一城の主を目指して、マレーシアに労働拠点を移す場合もあるようです。
クアラルンプール

フィリピンの移住条件

35歳以上の外国人に対して、リタイアメント用の特別永住権を発給しています。預託金2万ドルが必要になりますが、許可を取れば労働も可能になります。

フィリピンは、この他にもロングステイ査証といって、預託金無しで1年間住むことの出来る制度が存在します。