【海外移住 シンガポール】ビックリ落とし穴と失敗体験

シンガポール
「多くの人が移住しているから」「きっと良い国に違いない」「何か良い事があるかも」という希望的観測で見切り発車をすると、手痛い目に会うこともある海外移住。

一体どんな予想外の自体が発生するのでしょうか。

現地の事情を踏まえて、ご紹介します。
二匹のオオム

言葉の行き違い

英語が公用語とはいえ、確実な意思疎通を望むと意外にも難しい場面にも遭遇しがち。

例えば、市場で買い物をしたり、レストランで注文をしたりする程度ならばブロークンイングリッシュでなんら問題はありません。

双方がネイティブではないことが当然であり、言葉に関しては誰もが寛容です。

しかしながら、うっかり聞き流してしまって仰天するような目に会うことも否定できません。

詐欺に遭ったと思って警察に駆け込んだら、自分の言語力の至らなさが起因だったというケースも。

言葉をネイティブ並みに上達させる必要性よりも、大切なのは言葉を操るテクニック。