イメージとは違ったと感じる地方移住の失敗

子ども
自分の人生に“子ども”という掛け替えのない存在が誕生すると、今までを振り返って悔やんだり、これからの人生設計を見直したりすることもあるでしょう。

今、あらゆる思いを抱いて地方移住を念頭に人生の再構築を計る人が増えています。

しかしながら、希望に溢れていたはずの人生のリセットが、イメージとは大きく異なってしまったと後悔する人も少なからず存在します。

手を差し伸べてくれる自治体、子育て世代ならではの悩みなど、どのように向き合えばいいのでしょうか。
子ども

どこに住む?

地方移住を考えるにあたり、自治体のあり方を調べることは欠かせません。

例えば、積極的な地方移住の誘致を行っている自治体では、そのサポート体制についての充実振りが伺えます。

既に誘致の実績がある自治体ならば、その経験値を基に移住者の気持ちや不便を慮り、益々痒いところに手の届くサポートを行うでしょう。

移住を決意するまでには様々な心配が後を絶たないのが常ですが、それを真摯に受け止めてくれるのは、人を増やしたいと願う自治体とあなたの利害が一致するからに他ありません。

自分が生まれ育った田舎に帰るのであればいざ知らず、そうでない限りは自治体の移住・定住支援施策等をキーワードに、念入りに調べることから始めましょう。