イメージとは違ったと感じる地方移住の失敗

比較検討し、ある程度候補が定まった時点で自治体の担当部署に連絡を取ることをおすすめします。

ただし、相手はお役所です。過度な期待は控え、節度を保った相談を持ちかけましょう。

あくまでもサポートを受けるだけということを忘れずに。最後はあなた自身の決断と実行力が大切なのです。
学習

子どもの心ケア

小学校へ入学した後の子どもを連れて移住する際には、子どもの気持ちもしっかりとケアする必要があります。

現在は「いじめ」という言葉がいつでも付きまとい、子ども社会とはいえ大人の思いも寄らない現実があるからです。

また、今までと同等の学習環境を保てるかという点も無視できません。

学習塾、習い事、家庭教師派遣などは、いずれも都会のほうが高レベルであることが往々にしてあります。

あなたのお子さんが納得し、家族足並み揃って行う地方移住であれば前途洋々。

しかしながら、お子さんが泣く泣く従う移住には後悔が生じる懸念も。