和に親しむ。ゼロから始める着物生活

着物によって身につくこともあります。

大島や絣柄の紬はふだんの稽古には合いますが、茶会には着られません。

お出かけには小紋

クラス会などの軽い集まり、茶会など、あらたまることはなくても礼は失わないように。

そんな時に着るのが小紋。

やわらかもので、全体に文様が散っているものを称して小紋といいます。

名古屋帯、しゃれ袋帯と楽しめます。

付け下げは社交着に

無地の部分が多く、ごく少ない柄を付けたものは、地味に装いたい茶会や学校行事に。

柄の面積が大きく派手めのものは、パーティーなどにもふさわしい晴着となります。

社交着の代表、訪問着

訪問着は、準礼装にもなる、社交のための晴着です。