樹のある暮らしの始め方

南側の日当たりの良いところに植えてあげようと考えるのも一理あるのですが、予想以上に大きく育ってしまった場合のことを想像してみましょう。

リビングに入ってくる自然光の妨げになりませんか?庭を行き来する導線の邪魔になりませんか?

また、お隣の敷地まで枝が張りそうな時には、定期的な剪定が欠かせません。

メンテナンスを頻繁に行うのはなかなか骨が折れるものですが、その心配はありませんか?

成木の植え替えは、思った以上に労を要するもの。枯れてしまう懸念もあります。
7057274275_4f893f9faa_k

樹のある暮らしに想いを馳せる

さて、「コレ!」と思って選んだ樹は、どのような驚きや喜びをもたらしてくれるのでしょうか?

春を感じさせてくれる愛らしい花ですか?風に乗って漂う優しい香りでしょうか?それとも、たわわに実るフレッシュな果実?でも、全ての樹が感動ばかりを届けてくれるわけではないのです。

実は、樹を育てるためのハウツー本には水やりのタイミングや肥料のことなどについての知識が書かれていますが、「お困りポイント」については欠落していることも多々有り得るのです。