1日に買う食料品を抑えて、いい暮らしをする方法

もちろん、牛肉などが特売になっていたら、献立を考えながら購入すればよいでしょう。

そして、納豆、ヨーグルト、ウインナー、ツナなどを足していけばいいのではないでしょうか。

小さいお子さんがいる家庭では、お菓子も必要でしょう。

もし、お菓子作りが苦にならないなら、ホットケーキミックスなどを使っておやつを作ったり、牛乳、卵でプリンなどを手作りしてみるのもいいと思います。

そして、調味料や乾物品などを先ほど述べた余った8000円から上手に購入し、残りを貯金に回せばいいのです。

余ったお金でスイーツなどのご褒美を!

「毎日、節約しなきゃ!」と頭で考えながら生活するのは、気分も下がってしまいます。

ちょっとした買い物の仕方で少しでも節約できるのであれば、それが一番です。

一週間のまとめ買いで冷蔵庫をいっぱいにして、次の買い物までにきれいに使っていくという作業も出来る主婦の腕の見せ所です!

慣れるまでは、ネットなどを検索して残っている野菜や肉などで出来るレシピを探してみるのもいいアイデアだと思います。

そして、お給料日前に余ったお金でスイーツなど自分へのご褒美を買ってみるのもいいですよね。

photo by LoJoLu Photography