節約術 プロパンガスは安い販売店を探そう

価格

次に価格面での違いですが、都市ガスが公共料金で一定に定めているのに対してLPガスは自由料金で供給されています。

つまり、同じガスを使ってもどこの販売店を使ているかによってガス料金が大きく変わっているとういことです!

都市ガスとそんなに値段が違うの?

e528beb19e925056033da65eaa428c63_m
まずは、あなたがお使いのガスがLPガスなのか?都市ガスなのか?お分かりになったでしょうか?果たしてどちらが安いのでしょう?

プロパンガス(LPガス)の価格は、地域や業者(販売店)・時期などにより大きな違いがあります。

先ほど書いたように料金設定が自由なので、場合によっては一般的な都市ガスの1.5~2倍ものガス代がかかっていることもあります。

いくら都市ガスを選びたくても配給されていない地域もたくさんあります。ガスは毎日使う生活必需品です。

適正な価格で販売しているLPガスを選ぶことが節約への大きな一歩です。ぜひ安い販売店を探してみましょう。

失敗しないLPガス販売店の選び方

b6cdf75d72ac935aaa943421a35a1a16_m

1)安すぎるガス料金には注意

「従量料金が安く、ずっとガス料金は変わりません」といううたい文句で販売しているガス販売店がありますが、ここは少し注意が必要です。

例えば、1㎥あたり300円を切っているような価格であれば、原価を割っている可能性があります。

つまり儲けがない状態なので、新規加入させるための一時的なキャンペーンにすぎません。

最初は安い価格ですが、あれやこれやと理由をつけて数年後には一般価格より高いガス料金に設定されているケースもあります。
ガス料金には「適正価格」というものが存在します。