シンプルライフ流 優しい気持ちで捨てる以外の選択肢を探ろう

文房具の不足で勉強も儘ならない子供達がいる

4268864706_23dc9ef5c8_o
「高学年になったから鉛筆を使うのは恥ずかしい」「銀行でもらったボールペンは名入りでイマイチ」そんな文房具が家のそこかしこにありませんか?

カッコいい悪い以前に、文房具の不足で勉強も儘ならない子供達が確かに存在するのです。

削ったけれど使っていない色鉛筆、予備で買った大学ノート、粗品としてもらったクリアファイルや筆入れなど、探すと割合多い不要文房具。ぜひ、役立ててください。

発展途上国へ送る場合には、郵送料がネックとなり支援も難しいのが現状のようですが、そんなところを上手くフォローしている団体もあります。

時間のある時に、まずは無用の長物の捜索から始めましょう。

納得できれば心置きなく整理できる

いずれもネット検索で簡単にヒットし、いくつかのサイトを比較することが出来ます。

納得のいく団体が見つかれば、心置きなく整理できますね。

photo by Rodrigo Moraes
photo by ajari
photo by Honey Tee
photo by Horia Varlan