なぜ結婚したら保険について真剣に考える必要があるのか

年間決まった医療費がかかる場合は、これらの金額を差し引いた最低限度の額の医療保険に入るようにしましょう。

お得な医療保険に入るには?

shutterstock_259706030

基準として、入院保障期間が長いものを選ぶようにしましょう。

例として日額1万円で1入院60日の保障と、日額5000円で1入院730日の場合、それぞれ補償額の合計として、60万円と365万円になります。

そんなに長く入院しないから、前者の方がいいという人が多いと思いますし、自分の都合や好みもありますが、高額医療費の制度と合わせて、この日額と日数の観点からも保険を選ぶ材料としてみてください。

「がん保険」って実際のところ、どうなの?

がん保険に入るメリットとして一番大きいのは、がんと診断された時にもらえる一時金。

がん保険に入る場合には、一時金がもらえる時期や条件について徹底的に比較し確認しましょう。