「産綱」「お七夜」「取上婆」江戸時代の出産ってどんなもの!? 特別な存在だった江戸時代の助産婦

現代においてもまさに命がけで挑む「出産」。今とは全く違う! 江戸時代の出産事情について調べてみました。

江戸時代の出産は「座って産む」

江戸時代の出産は妊婦が座った姿勢で産む「座産」が主。産綱 (うみづな) と呼ばれる綱にすがって子供を産んでいたそうです。

出産直後の身の回りのお世話は「とりあげばば」が担当

江戸時代に描かれた絵画にもたびたび登場する「取上婆 (とりあげばば)」。現代でいう産婆や助産婦を表す言葉でお産のときに産婦を助ける女性のことを指しています。

現代では出産後の平均入院期間は4日から7日。出産後の産婦を助けるため、取上婆は七日目の夜・お七夜まで産婦の家に通い赤ちゃんの湯あみなどを手伝っていたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です