妊娠中にアルコールを飲みたくなった時のナイトキャップ・レシピ5選

shutterstock_365057132

妊娠中の飲酒はあらゆる面で悪影響を及ぼすことを「百も承知」というプレママにお薦めする、ナイトキャップ・レシピです。

プレママ専用「飲酒の掟」を厳守できる人だけに、そっとお教えしましょう。

飲酒の掟3か条

shutterstock_266824040

その1:妊娠中の飲酒は、ナイトキャップのみにする

食事中の飲酒は食欲増進を促し、アルコールの量も増えてしまいがち。そこで、少しだけ楽しむナイトキャップならばよしとします。

その2:妊娠中の飲酒は、就寝3時間前までとする

寝る直前まで飲んでしまうと利尿作用の働きで夜中にトイレへ行きたくなったり、睡眠の質の低下を招いたりするので止めましょう。

不眠の症状がみられる場合には、アルコールに頼らず医師に相談してください。また、飲みたいと感じない日は控えるのが鉄則。

その3:妊娠中の飲酒は、アルコール度数の高すぎないものにする

アルコール度数の高いものは依存性が高く、常習の懸念が生じます。