血液検査で行う出生前診断。出産を控える女性の決断

shutterstock_319451999
簡単な血液検査で胎児の染色体異常を調べる事ができる新型出生前診断についてはさまざまな議論が繰り広げられています。

その現状と課題について考えてみませんか。

新型出生前診断とは?

shutterstock_138640430
新型出生前診断とは、正式名称、無侵襲的出生前遺伝学的検査(むしんしゅうてきしゅっしょうぜんいでんがくてきけんさ)といい、母体の血液を調べる事で胎児の異常を発見する検査のことです。

新型出生前診断は、日本産科婦人科学会が定めた検査対処に該当する妊婦が行います。

出生前診断がおよぼす影響

検査を受けるにあたっては、医師から十分な説明を受けて検査を行いますが、自由診療であるため、保険の適応にならず、高額な費用を負担しなければいけないという費用の問題も課題の一つに挙げられます。