妊娠中の便秘ってキツイ!安全で効き目がある対処法は?

shutterstock_246882418
妊娠すると普段、お通じのいい方でも便秘になりやすくなります。便秘は妊娠初期から後期までどの時期でも起こりやすい症状です。

普段なら下剤を飲んだり、運動したり、浣腸したりと便秘の対応策はありますが、妊娠中は簡単に薬を飲むわけにもいきませんし、激しい運動もできません。本当に困りますよね・・・。

もちろん産婦人科に行けば、便秘薬を処方してもらえますがまずは妊娠中の便秘についてよく知り普段からできる対処法を身につけましょう!

妊娠中はなぜ便秘になりやすいの?

shutterstock_52133623

妊娠による体の変化は本人が意識しているよりもずっと大きなものです。なんといっても体の中に別の命が宿るのですから、女性は今まで出したことがない量の女性ホルモンをたくさん分泌し、中でも「黄体ホルモン」が活発に分泌されます。黄体ホルモンが出ると、腸の運動機能が低下し、便秘になりやすくなります。

また、赤ちゃんが大きくなるとともに子宮が大きくなり、妊娠前には鶏卵くらいだった子宮が妊娠3か月には握りこぶし大くらいの大きさになります。子宮が大きくなることにより近くにある腸が圧迫され便の通りが悪くなり、便秘になりやすくなります。