保育施設にはどのようなものがある?あなたの子供にぴったりの保育施設を選ぼう

集団保育ではないので、子供の体調によって仕事を休むなど、影響が少ないのがメリットです。

保育士は厚生労働省指定の保育士養成学校を卒業しているか、保育士の国家試験に合格している人ですが、ベビーシッターは、保育士資格を持っている人も多いですが、協会が実施している試験に合格している人もいます。

そのあたりを理解しておくことも大事です。家での保育のため、信頼関係が何よりも大事になってきます。

メリット、デメリットを理解し話しあおう

shutterstock_355574741

住んでいる地域によって、認可保育園に簡単に入れることができる所とそうでない所があるので、結婚をして住む場所を決める時に、ある程度考えることも必要かもしれません。

それぞれのメリット、デメリットを理解し、どこに預けるのがいいのかを家族で話し合って決めましょう。

子供たちにとっては、生まれて初めて親から離れての生活です。家に帰ったときには、子供と過ごす時間も必ず作りましょう。