【妊娠9ヶ月】出産準備「マストなこと」「なるべくしたいこと」まとめ

6: 約2か月後、自宅で赤ちゃんを育てることを想定して、季節の変化に伴った準備をしておく。

7: 出産準備用品は、帰省することを考えてなるべく最小限にしましょう。

( 自宅であらかじめ購入しておくもの、実家で購入するものと分けて計画を立てる。)

8: 帰省するタイミングは無理のないスケジュールに。

( 実家との距離にもよりますが、妊娠35週までに帰省し、落ち着くように。帰省したら、出来るだけ早く出産予定の産院を受診する。)

9: 里帰りする際の交通手段は、出来るだけ疲れないように短時間で移動できる手段にする。ママ一人での長距離の移動は避ける。

10: 帰省したからといって、実家で何もしないのは禁物。難産にならないように、率先して家事を手伝う。

出産準備 & 産まれたあとの出産通知

shutterstock_270684923

お産を乗り切るための呼吸法をマスター

呼吸法は子宮収縮によって起こる強い痛みから気をそらし、心と体をリラックスさせるための一つの手段。

吐く息に意識を集中させることで、痛みによっておなかや体中の筋肉に無駄な力が入るのを防いで、気持ちを安定させる効果があります。

しかも、血液中に酸素をたくさん送り込むことができるので、おなかの赤ちゃんにも酸素を十分に供給できるのです。

呼吸法を確実にマスターするには、直前に集中的に練習したほうが効果は上がります。

毎日続けることが大切です。

おなかの大きいママに無理のない胸式呼吸で行います。初めと最後に必ず深呼吸。