【安産祈願 広島県8選】 護国神社、広島東照宮ほか有名神社や寺から厳選

その後、火災に見舞われますが、1326年にすぐに再建されます。

室町時代に入ると五重塔が備後国の利生塔に指定されるなど、大いに栄えたと伝わっており、その後は大きな被災も無く、六百余年間風雪を凌いで今日までその威容を保っています。

浄土寺は、多くの文化財と歴史的景観をもち、国の名勝に指定されている庭園や、国宝指定の本堂内陣など見どころが多くあり、参拝と共に、長い歴史を文化財で感じ取ることが出来ます。

初穂料: 5,000円
住所: 広島県尾道市東久保町20-28
電話: 0848-37-2361

宮崎神社:広島県東広島市

スクリーンショット 2014-08-15 16.15.24

由来

「宮崎(みやざき)神社」は広島県東広島市にある神社です。

1571年に社殿を再建立した棟札が残されているものの、創建年代は不詳です。元々は宮崎大輔という人物の鎮守神で、境内にある若宮という祠の御神体に「大丈大輔家正 延徳二年(西暦1490年)」と書かれてあったそうです。

明治時代末期には、村内の八和田八幡宮、八坂神社、天満宮、住吉神社、厳島神社、素鵞神社、伊勢神社、熊野神社の八末社が合祀され、様々なご利益のある神社となりました。

境内本殿横には、縁結びの夫婦榊として2本の榊(さかき)が番(つがい)で並んでいます。仲良く並ぶ姿に、夫婦円満・家内安全の願いを込められ親しまれており、青々と生命力豊な榊の枝には、昔から、おみくじや絵馬が結ばれるなど、「結びサカキ」として有名になりました。

神社で受けられた「絵馬」に願いを書き、夫婦榊の枝に、優しく結ぶと良いとされており、多くの絵馬を見ることができます。

初穂料: 5,000円より
住所: 広島県東広島市福富町下竹仁71-1
電話: 082-401-2767

久井稲生神社:広島県三原市

スクリーンショット 2014-08-15 16.22.23

由来

「久井稲生(くいいなり)神社」は広島県御調郡にあり、山城伏見稲荷大明神を祀ったこの地方有数の古社です。

585年、社家奏氏が山城伏見稲荷大明神の御分霊を持参して上原田谷に社殿を造営した後、938年に、神意によって現在地へ移されました。

1557年、毛利元就本殿が造営され、さらに、1560年、小早川隆景により社殿が造営されます。その後、徳川時代の1700年には浅野忠義社殿が再建され、今に至ります。

御祭神である字迦之御魂大神(ウカノミタマノカミ)は伊勢の御倉神(ミクラノカミ)と同神であり、「お稲荷さん」として広く信仰されています。

元々は穀物の神ですが、現在では、衣食住、商売繁昌や交通安全、縁結び安産等の守護神としても親しまれています。