【安産祈願 大阪府12選】有名神社や寺から厳選

「まくら」がユニークで親しみ深い日根神社、「枕のお祓い」もやっています。是非「マイまくら」持参で訪れてみてはいかがでしょうか?

初穂料: 5,000円~
住所: 大阪府泉佐野市日根野631-1
電話: 072-467-1162

誉田八幡宮:大阪府羽曳野市

スクリーンショット 2014-05-27 6.32.10

由来

「誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)」は大阪府羽曳野市に位置し、応神天皇を祀る寺院です。

欽明天皇の命により応神天皇陵の前に社殿を建立したことに始まるとされており、御陵祭祀として長い間多くの人に親しまれてきました。「日本最古の八幡宮」とも言われており、八幡神を氏神とする、源氏姓を名乗る歴代の将軍・武家の信仰を受けてきました。

源頼朝や足利義教、豊臣秀吉、徳川家光ともゆかりの深い寺院で、所蔵する国宝や需要文化財からその歴史を確かめることが出来ます。

また、境内の槐(えんじゅ)木は、「安産木」として古くから数々の逸話が残されており、出産の際に災難を除き、安産の守護として、広く一般にも親しまれてきました。

だんじり祭りや夏祭り、秋祭りなど、多くの祭りも魅力の一つである誉田八幡宮へ、長い歴史を感じに訪れてみてはいかがでしょうか。

初穂料: 7,000円
住所: 大阪府羽曳野市誉田3-2-8
電話: 072-956-0635

信太森葛葉稲荷神社:大阪府和泉市

スクリーンショット 2014-05-27 6.34.09

由来

「信太森葛葉稲荷(しのだのもりくずのはいなり)神社」は、大阪府和泉市に位置し、文学・歌舞伎などで知られる「葛の葉物語」の舞台にもなった古くからの寺院です。

708年(奈良時代)、信太森神社は、元明天皇が楠の神木の化身である白龍に対して祭事を行ったことを縁起し、その神木をご神体として建立されました。

「葛の葉物語」は平安時代中期の逸話で、無実の罪に問われた安倍保名(あべのやすな)が猟師に追われた白狐をかくまったことから始まります。保名は白狐の化身である葛の葉(くずのは)と結ばれ、童子丸(安倍晴明)を授かます。

その後晴明は出世し、保名の無実の罪を晴らして見事家の再興を果たしました。そのため、信太森葛葉稲荷神社と呼ばれるようになりました。

豊穣・商売繁盛の他、学徳成就・良縁祈願・安産祈願・子宝・夜泣き・交通安全に御利益がある寺院です。

初穂料: 5,000円
住所: 大阪府和泉市葛の葉町1-11-47
電話: 0725-45-7306

子安 阿弥陀寺:大阪府和泉市

スクリーンショット 2014-05-27 6.35.59

由来

「子安 阿弥陀寺」は大阪府和泉市に位置し、安産祈願で有名な寺院です。

寺の起源は1200年程さかのぼり、聖武天皇の頃と伝わっています。光明皇后が御産に悩まれていた際、行基に皇后御安産のための秘法を修めよと勅命を下されます。

その後行基は、清浄の滝において37日もの間、水ごもりをとり、安産の秘法を習得します。すると、ある夜明けごろ、滝頭の大桜樹の上に金色さんぜんたる阿弥陀如来が現れ安産のお告げを聴きました。

行基はこれにいたく感激し、直ちにその大桜樹を伐り、現れた阿弥陀如来を刻み、本堂に安置しました。それ以降、女人安産の守り仏として泉州地域では広く信仰されてきました。

毎年、4月第1日曜日の大般若法要では、各方面からの参拝者で訪れ、終日盛大に賑わっています。

初穂料: 3,500円、5,000円
住所: 大阪府和泉市大野町118
電話: 0725-99-0358

辛國神社:大阪府藤井寺市

スクリーンショット 2014-05-27 6.38.09

由来

「辛國(からくに)神社」は大阪府藤井寺市に位置する寺院で、その歴史は1500年にもなる古社です。

今から千五百年程前、雄略天皇の時代に創建された神社が始まりとされています。この地方を治めていた物部氏と深いつながりを持ち、その後、同族であった辛國連が祭祀の中心となったころに辛國神社と称するようになったそうです。

平安時代には官社となり、式内社として多くの人々の尊信を集めました。

御神徳は、物部氏の祖神である「饒速日命」、藤原氏の祖神である「天児屋根命」、応神天皇を祀った「品陀別命」などであり、病気平癒、厄除、国土安泰、産業(農工商)繁栄、学問、安産など様々なご利益があります。