【安産祈願 石川県8選】安産日吉神社 白山比咩神社ほか有名神社や寺から厳選

住所: 石川県羽咋市寺家町ク1
電話: 0767-22-0602

安産日吉神社:石川県白山市

スクリーンショット 2014-09-26 13.59.42

由来

「安産日吉(あんざんひよし)神社」は石川県白山市にある神社で、創建は明確ではないものの、古くからこの地の守護神として鎮座していたと考えられています。

その昔、この地は「比楽(ひらか)」と呼ばれており、比楽湊として北前船の重要な拠点として繁栄していました。しかしながら、暴れ川であった比楽河(現在の手取川)の度重なる洪水により現在の地に建立されたそうです。

この社の東側にはかつて比楽河(手取川)が流れていたため、その伏流水の湧水が多く流れる安産川はとても澄み切ったきれいな川で、生活に密着した信仰の川でした。

昔から、言い伝えにより安産川の水を飲むと子宝・安産に恵まれると言われてきました。現在でも、祈念して安産の水をいただいたものは難産しないといわれおり、参拝者の多くは女性で占められています。

初穂料: 5,000円から
住所: 石川県白山市平加町ル90
電話: 076-275-0513

栄昌庵:石川県金沢市

スクリーンショット 2014-09-26 14.02.01

由来

「栄昌庵(えいしょうあん)」は石川県金沢市にある神社で、栄昌庵は、曹洞宗の大智禅師が1336年頃に吉野谷村に開山した祇陀寺にさかのぼります。

その後、1488年の加賀一向一揆によって破壊され、さらに1580年には織田信長と一向一揆との戦火の折に、伽藍も消失してしまいました。

そして、1679年に大乗寺の月舟禅師が、永昌院を祇陀寺として再興しますが、その後祇陀寺が移転したことにより、建物は長く空虚となります。そこへ1781年、直應見性尼が大乗寺の下寺として「直指庵」を創建します。

明治に入ると直指庵が廃止されて「栄昌庵」と改称されました。「積除の観世音」である「十一面千手観世音菩薩」が御本尊として祀られています。

初穂料: 10,000円から
住所: 石川県金沢市西町4-14
電話: 076-221-7208

莵橋神社(うはしじんじゃ):石川県小松市

スクリーンショット 2014-09-26 14.03.32

由来

「莵橋(うはし)神社」は石川県小松市にある神社です。

創建は古代にさかのぼり、702年と伝えられています。929年の『延喜式神名帳』にも「加賀国能美郡八座 莵橋神社」として登載されていることから、古来より遍く崇敬の篤い神社であったとされています。

中世以前は加賀国守護職であった富樫氏によって社殿等の造営が行われ、1567年に小松城が築城されると、城主との結びつきは強まり、歴代城主から崇敬されてきました。

1651年には、現在地に社殿が造営され、金沢・小松両城並びに加越能三州の泰平と民生繁栄の祈願神事を行ったと伝わっています。

中世、近世もその信仰は続き、現在では県内外から多くの参拝者が訪れています。