【安産祈願 山梨県6選】山中諏訪神社 及び有名神社と寺から厳選 

shutterstock_277138640

山梨県の安産祈願の神社を厳選しました。
写真をクリックすると神社のホームページにリンクしています。

武田神社:甲府市

スクリーンショット 2014-10-06 9.03.21

由来

「武田(たけだ)神社」は山梨県甲府市にある神社で、御祭神として武田信玄が祀られています。

1919年(大正8年)に、元々戦国期に武田城下町の中心で領国経営の中核であった武田氏館跡に創建されました。武田氏滅亡後に破却された武田氏館は、明治までは武田氏時代を偲ぶ名所のひとつとして旅行者が訪れる程度でした。

しかし、日露戦争後に神社に武神・軍神を祀ることが奨励されたことから軍神と評される武田信玄を祀った神社創建の機運が高まり、大正8年の創建に至ります。

戦後、武田信玄が歴史的観光資源として着目されるようになり、1966年(昭和41年)からは甲府信玄祭りが開催され、元々行われていた例大祭と共に盛り上がりを見せるようになりました。現在では県内外から多くの方が参拝に訪れます。

住所:山梨県甲府市古府中町2611
電話:055-252-2609

稲積神社:甲府市

スクリーンショット 2014-10-06 9.05.35

由来

「稲積(いなづみ)神社」は山梨県甲府市にある神社で、2000年以上の歴史を持つ古社です。

今から約2080年前に、第十代崇神天皇の命で東征の際、この地に立ち寄られ、湖沼地帯であった甲府盆地の湖岸を切り開いて湖水を富士川に流し、田畑を造られたと伝わっています。

その際に、蒼生愛撫や五穀豊穣を祈願するため、丸山(今の舞鶴城址)に奉斎されたことに始まります。その後、甲斐源氏一条一族の氏神として崇敬する所となっていましたが、1595年ごろ、浅野長政がこの地に築城する際、一蓮寺と共に現在地へ遷されました。