【安産祈願 千葉県12選】稲毛浅間神社 及び有名神社や寺から厳選

shutterstock_399560401
千葉県の安産祈願の神社を厳選しました。
写真をクリックすると神社のホームページにリンクしています。

櫻木神社:千葉県野田市

スクリーンショット 2014-08-08 9.24.12

由来

「櫻木(さくらぎ)神社」は千葉県野田市にあり、桜に由縁のある神社です。

平安朝に藤原鎌足の子孫にあたる嗣良公が、この地に桜の大木があったことから神様を祀ったのが始まりと伝わっっており、代々受け継がれてきました。現在では、野田市最古のお社として、多くの方に親しまれています。

御祭神は、財産にかかわる神様である倉稲魂命 (うかのみたまのみこと)、勝運・開運の守り神である武甕槌命 (たけみかづちのみこと)、生命及び男女良縁の神である伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)と伊弉冉尊 (いざなみのみこと)の4神です。

さらに、桜の開花にちなんで開運・縁結びのご利益があると言われています。

初穂料: 5000円、10,000円(腹帯含む)
住所: 千葉県野田市桜台210
電話: 04-7121-0001

千葉神社:千葉県千葉市

スクリーンショット 2014-08-08 9.27.52

由来

「千葉(ちば)神社」は千葉県千葉市中央区にあり、千葉氏の守護神として建立され、その後源頼朝、徳川家康などとゆかりのある神社です。

主祭神は通称妙見様(みょうけんさま)とも呼ばれている主祭神・北辰妙見尊星王(ほくしんみょうけんそんじょうおう)であり、諸星諸神・方位方角を支配する尊い星の王です。星は古くから人間の運命と考えられ、絶大な力を持つ神として知られてきました。

陰陽道や易学、風水学などの根幹となる特殊神とされ、あらゆる守護能力を発揮する神様として、尊崇されています元々、千葉氏の守護神の寺院として建立されましたが、明治2年「神仏分離令」によって、神社となり、今日に至ります。

今日でも日本有数の「妙見信仰」の中心として全国から多くの方が訪れています。

初穂料: 5,000円から
住所: 千葉県千葉市中央区院内1-16-1
電話: 043-224-2211

稲毛浅間神社:千葉県千葉市

スクリーンショット 2014-08-08 11.27.09

由来

「稻毛浅間(いなげせんげん)神社」は千葉県千葉市にあり、富士山を神と仰ぎ奉る浅間神社です。

主祭神は木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)であり、安産子育ての神様として知られています。配祀は、国土平安・家内安全・産業発展の神様である瓊々杵尊(ににぎのみこと)及び道開きの神・交通安全・厄難解除の神様である猿田彦命(さるたひこのみこと)です。

富士山を神と仰ぎ奉る信仰にはじまり、808年に富士山本宮浅間大社の御分霊を奉斎したのが起源とされています。その後、源頼朝や千葉氏の信仰があったことも伝わっています。

1187年の社殿再建の際には、富士山の形に盛土され、富士登山道にならい三方の参道が設けられ、社殿は東京湾を隔てて富士山と向かい合って建立されていることも興味深い神社です。

地元のみならず関東近郊から多くの方が参拝され、隣接する稲毛公園とともに憩いの場となっています。

初穂料: 5,000円、10,000円、20,000円
住所: 千葉県千葉市稲毛区稲毛1-15-10
電話: 043-272-0001

光胤山 本光寺:千葉県市川市

スクリーンショット 2014-08-08 9.35.57

由来

「本光(ほんこう)寺」は千葉県市川市にある、約650年の歴史をもつ日蓮宗の寺院です。

本尊は、法華宗・日蓮宗の本尊であり、仏・法・僧の三宝を祀るための三宝尊(さんぼうそん)、及び、子供と安産の守り神、盗難除けの守護として知られている鬼子母神(きしもじん)です。

日蓮の教えを広め、信者を教化育成し、立正安国の聖業に精進されたと言われている日胤が1361年に建立したと伝わっています

また一方では、本光寺の山号は光胤山であり、千葉氏の重臣である原胤親の子息、原光胤の名前からとったものとされており、本光寺の前身とも言われています。

パワースポットとしても知られており、関東近郊から多くの方が訪れています。

初穂料: 5,000円から、10,000円から、20,000円から
住所: 千葉県市川市大野町3-1695-1
電話: 047-337-8324

八剣八幡神社:千葉県木更津市

スクリーンショット 2014-08-08 9.47.54

由来

「八剱八幡(やつるぎはちまん)神社」は千葉県木更津市にあり、日本武尊(やまとたけるのみこと)と木更津市の名前にゆかりの神社です。

その昔、日本武尊が東征される際に、相模国(神奈川県)から木更津をめざしましたが、暴風雨に遭遇しました。その際、帯同していた妃橘姫海が神の怒りを静めるため海に投身され、そのおかげで、無事に渡りきることができました。

日本武尊は、姫を想いしばらく八剱八幡神社留まったそうです。そのしばらく去らない姿から、「君去らず」と呼ばれ、その後、「木更津」と変化していったと伝わっています。