家事や育児、介護などのケア労働の重要性と問題点

15673429509_49cf6d3646_o
ケア労働とは家事や育児、介護などのケアを行う仕事、役割、労働のことです。

少子高齢化が進み、共働きが当たり前になってきている日本社会において、ケア労働は社会の維持のために重要な役割を担っています。

そこにはたくさんの問題点がありますが、その中でも最も大きなケア労働における問題点は人材不足ということにつきます。

ケア労働サービスのプロの人材不足

4398796876_1505e06575_o
ケア労働が行われる場所やサービス形態には様々なものがあり、そこにはたくさんの人が関わります。

ケア労働は、肉体労働であったり、夜勤などの不規則労働であったり、対人のサービス労働であったりします。

そこには専門性的な知識や健康な肉体が実用とされます。

しかし単純作業ではなく、誰にでもできる仕事ではないにも関わらず、その労働対価はほとんどの人の場合で安いものとなっています。

高齢者の介護などでは力も必要なため、男性職員は重宝されますが、その年収は十分に家族を養えるようなものには及びません。